日本を、食卓から元気にしよう
生活協同組合コープながの 食卓を笑顔に、地域を豊かに。

畑のがっこう

夏休み始めの7月29・30日 今年も「夏休み子ども農業体験ツアー」が開催されました。

初めて子どもたちだけで過ごした参加者もいました。不安そうな顔でバスから降りて、帰りはすっかり成長して帰って行きました。すぐに友達になれることが子供たちの特徴ですね。

最初は牧場に行き、牛を近くで見ました。すごく大きい!

P1130147.JPG

P1130144.JPG牛の前で記念撮影 牛はおくびょうで逃げてしまうので貴重な写真です。

P1130136.JPG

次はえさやりです。たくさん食べますね。

P1130188.JPG

次は畑に移動してジャガイモ堀りです。初めての体験興味深々です。

RIMG0137.JPG子どもたちはすっかりうちとけてたのしい夕食です。いっぱい食べました。初対面の子どもたちとは思えない表情です。

P1130205.JPG食事の後は「黒姫農場の1年」というスライドを観ました。野菜作りや農業の大変さがなんとなく理解できたようです。

P1130210.JPG次はクイズです。せっかく考えたけど子どもたちには簡単だったようです。グループごとに相談しています。

P1130216.JPG翌朝です。夏休みの子どもたちはやはり「ラジオ体操」です。
P1130231.JPG今日の作業はトウモロコシ収穫です。暑くて大変だったけどおもしろかったよ。

P1130245.JPG大根もこのとおり

DSC_0182.JPG今とったトウモロコシの試食です。摂りたては最高にうまい。 さすが名人の育てたトウモロコシですね。 名人って誰の事?

RIMG0236.JPG

笑顔 笑顔  ぼく・わたしはどこにいるかな。

DSC_0204.JPGDSC_0211.JPGDSC_0214.JPGDSC_0220.JPGDSC_0224.JPGDSC_0228.JPGDSC_0231.JPGP1130264.JPGDSC_0234.JPG

あっという間に終わりの会です。とっても楽しかった2日間です。みんなと別れるのは寂しいな。また、来年も会おうね。

RIMG0243.JPG

おまけ

ドローンで畑を撮影してもらいました。(当日の写真ではありません)

子どもたちはこんな畑で作業をしました。  よく撮れてますね。 

20150806_163857.jpg20150806_163906.jpg20150806_163927.jpg



1ヶ月たちました

伊那の畑は植物図鑑のようです。全部わかりますか

とうもろこしですね

DSCF2610.JPGこれは大根でしょう

DSCF2619.JPGつるなしインゲンです 実がついてます

DSCF2629.JPG

ほうれん草の仲間で、「スイスチャード(不断草)」という野菜だそうです

軸の色が数種類。食卓が華やかになりそうです

DSCF2623.JPG

このままいい天気が続くといいですね

収穫の様子は又今度

DSCF2543.JPG

ぽおおおおお

ぽおおいい

黒姫農場では・・・・・

からすに食べられないようトンネルで覆った枝豆です。開けてびっくり

雑草も一緒に育って見分けがつきません

DSCF1055.JPG
収穫した野菜を分けています 入れ物が見えないくらいたくさんあります

DSCF1053.JPGラディッシュもあります 葉を切らないとカゴに入りません

DSCF1056.JPG

前日の「ふれあい農園」で枝切りしたミニトマトを植えてみました

うまくつくかな

DSCF1054.JPG

最後にふれあい農園では

サニーレタスを収穫しましょう

DSCF1090.JPGちょっと軸を残してみました

そこから葉っぱが出てきて、又収穫できるそうです

DSCF1091.JPG収穫しないとこうなります 新品種ではありません

DSCF1181.JPG

なぜか玉ねぎが登場 一袋1,000円のバイキングです

DSCF1093.JPGDSCF1096.JPG名物の「巨大ズッキーニ」です どうやって食べるんですか

わかりません   とにかく持ち帰りは参加者の義務です

DSCF1187.JPG

おうytfhj

ぽいうghf

今年は3つの畑の活動を紹介していきます。天気に恵まれて、すくすく成長してくれればいいのですが・・・・・・。

「いいなアグリ」はアスパラガスの収穫から始まりました。いきなり食べれるんです。

JA上伊那の関連会社「JA菜園」の収穫のお手伝いです。採れたてを売ってもらいました。新鮮そのもの。

DSCF0919.JPGのサムネイル画像

今年は活動をたくさん残そう。忘れないうちに記念撮影。後ろは中央アルプスです。カメラマン後方は南アルプスです。良く見ても見えません。

DSCF0850.JPGのサムネイル画像トウモロコシの植付です。 
DSCF0932.JPG「ミミズみつけた。」トウモロコシはおかあさんにお任せ。

DSCF2427.JPGみんなで石を拾っています。今年は毎回忘れずにやり続けましょう。

DSCF0938.JPG

「黒姫農場」はいきなり外国製のトラクターで堆肥散布です。

トラクターの後ろのタイヤは大人の身長より大きかったです。度肝を抜かれました。

DSCF0856.JPGこちらの後方の山は「黒姫山」です。参加された組合員さんのリクエストによるアングルです。今年もよろしくお願いします。DSCF0961.JPG

トウモロコシを植えている定番の風景です。「信濃町=トウモロコシ」は昔も今も変わりませんね。

DSCF0959.JPG小かぶを植えている子どもたちと見守る保護者のみなさんです。ほほえましい写真です。でも、早くしないと雨が降りそうです。

DSCF1023.JPG

「ふれあい農園」は最初からにぎやかです。

5月9日のオリエンテーションです。いきなりじゃんけん大会が始まりました。商品は旬の野菜や山菜です。

DSC_0043.JPG21年目のメンバーです。大勢いますね。ちなみに後ろの山は北アルプスです。

DSC_0051.JPG野菜の苗と植えている方の服装の色合いが妙にマッチしていますね。DSC_0069.JPG

作業終了後はJAあづみの皆さんは「お茶」です。おいしい煮物や漬物を食べさせていただきました。

DSCF0975.JPGにぎり寿司もいただきました。こはだの酢〆とアジですね。      実はせんべいです。良く出来ています。

DSCF0976.JPG

この後長野県はほとんど雨が降りませんでした。サツマイモを植えたところ、干し芋になる前に、苗が干し芋になりそうな畑もありました。本日6月3日にようやく雨が降りました。

いいなアグリはアスパラガスの収穫かです。DSCF0919.JPG

黒姫農場この1年

黒姫農場の1年が無事終了しました。

参加していたただいた組合員の皆さん、ご協力いただいた関係先の皆さん、お手伝いいただいた役職員の皆さん大変ご苦労様でした。

黒姫農場のある信濃町出身の俳人小林一茶にちなんで、今年の活動と氏の俳句をつなぎ合わせてみました。

子おおおお覆おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

雪とけて村いっぱいの子どもかな

夏休み子ども農業体験ツアーのひとコマです

DSC_0254.JPGやせ蛙負けるな一茶これにあり

昔も今もなぜか蛙は人気者です

DSCF0400.JPG

雀の子そこのけそこのけお馬が通る

この重機での作業は昔馬がやっていましたねDSCF0103.JPG

大根(だいこ)引き大根で道を教えけり

お父さんこの大根どこに持ってくの

DSCF0309.JPG大の字に寝て涼しさよ寂しさよ

君たちはよく登場したね。早く仕事しないとお母さんに怒られるよ

DSCF0321.JPG焼け土のほかりほかりやのみ騒ぐ

中には焼き芋が入っています。早く食べたいと子どもたちが騒いでいます。

DSCF0402.JPG浅間根のけぶるそばまで畑かな

どうみても浅間山じゃあねえし   黒姫山だよね 

DSCF0233.JPG散るススキ寒くなるのが目に見ゆる

10月頃の満開のススキだね 最近畑に行ってない証拠だね 捏造 

DSCF0417.JPG信濃では月と仏とおらが蕎麦

これは一茶の句ではないようです。一茶研究の方が作ったという説があります。

昔「高木東六」という方が毎週日曜日に面白い句を読んでいたのをご存知な方はいませんか

DSCF0324.JPG読者の皆さんそれではまた来春にお会いしましょう。

     

最新のブログ記事